手汗の原因を探って改善と予防を

手汗が多い、夏と冬は特にひどくてネガティブになってしまう。


人の手を握りたくない

スマホの操作がしにくい

電車のつり革を掴むのも気を使う


普通の人が普通にできるような事に対して手汗の酷い人は悩みを抱えています。

日常生活に支障をきたしているのは辛いですよね。

そこで手汗の原因や改善方法を今回はご紹介しちゃいます。

手汗が出る理由とは!?

実は多汗症にはレベルがあるのです。

まずは自分の手汗がどのレベルなのかを把握しておきましょう。


レベル1 手のひらが湿っている状態

レベル2 手のひらに汗の水滴ができる

レベル3 手汗が垂れてくる


「手汗」はだいたいこの3つのレベルに分かれます。


もし自分が3なのであれば日常生活に支障をきたしているレベルなので、

この場合は専門のお医者さんに見て貰うのが一番良いかもしれません。


気になる手汗の原因ですが、一般的には精神的なものだと思われる事が大半だと思います。

ですが一概にそうとは言い切れません。


手汗の原因は大まかに以下の5つが考えられます。

精神的要因

一般的に原因だと言われる「精神的要因」は不安や緊張やストレスに敏感になってしまうと

交感神経が刺激され発汗につながってしまいます。

ただ、何故交感神経が敏感になるのかは解明されていないのが現状です。

肥満

肥満になり脂肪が増えると体内の熱をうまく外側へ発散することが困難になり、

それを補うために大量の汗を出して体を冷やそうと反応してしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると自律神経も乱れることになりその結果多汗症につながってきます。

このケースは女性に多いのですが、更年期障害・妊娠・月経の時期だけ不安定になり手汗をかいてしまうという事もあります。

病気や疾患

バセドー病や糖尿病、急性リウマチといったようにこういった病気が原因で多汗症になるケースもあります。

ただ、手のひらだけ多汗になるのではなく全身に症状が出やすいため可能性的には低いようです。

だからと言って油断するのは禁物です。あまりに具合が悪いようでしたら背後にこういう病気が潜んでいる事もあるというのを

頭の片隅にでも置いておくといいかもしれません。

生活習慣の乱れ

食事で熱いものや辛いものを食べ過ぎたりすると味覚性多汗症になりますい、

コーヒーの飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎはニコチンやカフェインの影響で多汗につながります。

手汗の止め方

レベル1レベル2の方に効果的な手汗の止め方をご紹介します。

ツボで止める方法

手のひらの真ん中を軽く握りこぶしを作った時に中指の先端が触れる場所に労宮(ろうきゅう)というツボがあります。

リラックス効果があるので交感神経の緊張に有効です。

5秒間押して5秒間離すというのを5セットほど繰り返しましょう。

手の甲の親指と人差し指の骨が合流するところに合谷(ごうこく)というツボがあります。

ストレスや不安・神経が敏感になっている時等に効くといわれています。

反対側の手の親指を使い、親指を骨の真下にもぐりこませるように押すと効果的です。

3〜5秒押して1秒離すというのを3〜5セットほど繰り返しましょう。

腹式呼吸で手汗を止める方法

手汗をかくと焦りや緊張でかえって汗が出やすくなります。

まずはリラックスをするために腹式呼吸が効果的なのです。

息を吐くと交感神経が優位になるので深く吐く息に意識を向けてお腹のそこから呼吸をすると

副交感神経の働きを高める事ができます。

手汗に効果的なアイテム

制汗剤を使う

一般的に制汗剤が効果的だと言われていますが、中には使ってみたけど全く効果がなかったという声も見かけます。

実は選び方を間違っていると効果が全くなかったりするのです。

ではどんな制汗剤を選べばいいのか?

選ぶべきものは「塩化アルミニウム」が配合されているアイテムです。

塩化アルミニウムは手のひらなどの皮膚が厚い部分以外で使うとダメージが強く、トラブルになる原因だったりするので市販の制汗剤にはほとんど含まれていません。

また、根気よく塗り続ける必要があるので長期的なケアを視野にいれましょう。

治療薬を服用する

皮膚科で相談をすると「プロ・バンサイン」という薬を処方されることが多いと思います。

これは日本で唯一認められいる多汗症の治療薬なのです。

手汗だけでなく全身の汗を抑えることができるので、手汗以外にも汗をかく場合は「プロ・バンサイン」が効果的。

ただし少し副作用があります。

汗とともに唾液や尿も止まり口が乾いたり尿が出にくくなるという症状が現れる事があります。

体への負担が大きい場合はどうしても汗を止めたい日だけ服用するなど工夫しましょう。

日常生活で予防する

食事の際に辛いものや熱いものを避ける

いわゆる刺激物と呼ばれるものは汗をかきやすくなる為できるだけ避けた方が無難です。

極端に酸っぱいものも同様、食べ過ぎに注意です。

基本的に食べると汗が出るものは手汗にもつながるという認識を持っておいた方がベター。

半身浴をする

半身浴は交感神経を抑えるためにとても有効です。

ぬるめの37〜38度ぐらいのお湯にみぞおちの下の水位で30分程度ゆっくり入りましょう。

熱めのお湯に入ると逆効果になってしまうので注意です。

睡眠をとる

睡眠が短くなるとその分交感神経が優位になってしまいます。

理想は22時ごろまでに寝る事ですが、現実的に考えると24時までに床につくようにしてください。

寝付けない場合も部屋の電気を暗くして横になっているだけでも副交感神経が優位になります。

あなたにオススメの記事

【最新人気コスメ】知りたい!肌のきれいな芸能人の基礎化粧品!
【最新人気コスメ】知りたい!肌のきれいな芸能人の基礎化粧品!
あなたはどっち派?カラコン裸眼比較!
あなたはどっち派?カラコン裸眼比較!

このページを見た人はこんなページも見ています

撃退!自宅でもできる効果的なセルライト対策
撃退!自宅でもできる効果的なセルライト対策
美尻を目指す人がしている筋肉トレーニングとは?
美尻を目指す人がしている筋肉トレーニングとは?
美尻を目指す人がしている筋肉トレーニングとは?
カンタン!寝癖がつかない方法と寝癖の直し方
カンタン!寝癖がつかない方法と寝癖の直し方
カンタン!寝癖がつかない方法と寝癖の直し方
多少ムリしてでも買いたい!?ヘアケアにこだわる人のための高級ドライヤー3選
多少ムリしてでも買いたい!?ヘアケアにこだわる人のための高級ドライヤー3選