生活習慣から作るすっぴん美人!

誰しもが憧れる「すっぴん美人」。

元が悪いから…と言って諦めてませんか?

実は生活習慣を意識するだけで美人は作れるもの。

今日から取り入れて自己改革していきましょう!

日常で作るすっぴん美人

365日、紫外線対策を!

すっぴん美人は何よりも紫外線の恐ろしさを知っています。

紫外線に油断をしないように、毎日のUVケアの他に日傘や帽子は必須です。

秋冬は紫外線が少ない、天気が曇り、雨だからといってUVケアを疎かにしているのは良くないです。


充分な睡眠をとる

美しいアラフォー世代に人気の美魔女をテレビや雑誌などで見かけると皆、口をそろえて言うのが「睡眠は肌の美容液」。

寝不足が続くと肌トラブルが一気に増えるのだとか。『美ST』読者は平均睡眠時間は8時間との結果が。

寝る女性は日頃の疲れを溜めこまず、睡眠で肌も美しくすっぴんもキレイになれるいいとこどり!


すっぴん美人はポジティブ思考

すっぴん美人は、自分のテンションが上がることや自分に趣味を持っており、とにかく日常からストレスを溜めこまない生活をしています。

ストレスは活性酸素を増やし老化を促進させる大敵。

常に自分自身が楽しいを思えることを取り入れると心も肌もイキイキと若々しくなっていくのです。

スキンケアで作るすっぴん美人

すっぴん美人になるにはすっぴん美人になるには、日々のスキンケアがとても大切です。

ここでは、すっぴん美人になるために実践したいスキンケア方法について、詳しくお伝えします。


基本のスキンケア手順

すっぴん美人になるにはすっぴん美人になるために、基本的なスキンケアの手順を見直してみましょう。

スキンケアの基本的な手順は以下の通りとなります。

※メーカーによって異なる場合もあるので、お使いのアイテムを確認してみてください。

【朝】

洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリーム


【夜】

クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリーム


★ポイント★

シートマスクを使う場合は、シートマスクの種類(ローションタイプ・ミルクタイプ・美容液タイプ)に合わせて、普段使っているアイテムの代わりに使いましょう。


洗顔はやさしく力加減で!

すっぴん美人になるには洗顔は、清潔な手でやさしい力加減で行うように意識しましょう。

ゴシゴシと肌へ負担をかけてしまうような洗い方は避け、よく泡立てたたっぷりの泡を使い、汚れを落とすようなイメージで洗います。

洗顔料は泡立ちがよく、うるおいを感じられるようなアイテムを選ぶようにしましょう。

手で泡立てることが苦手な方は、泡立てネットを使って泡立ててみてはいかがでしょうか。

また、洗顔を熱すぎるお湯で行ってしまうと、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性もあるので、ぬるま湯を使うようにしましょう。


スキンケアでしっかり保湿!

すっぴん美人になるにはすっぴん美人は乾燥知らずで、常に肌がうるおいツヤっぽいのが特徴です。

乾燥を防ぐためには、肌にうるおいを補い保ってくれるようなスキンケアアイテムを選ぶようにしましょう。

スキンケアの最後に使うクリームの使い方がポイントになります。

クリームは、特に乾燥しがちな目元や口元などの気になる部分には重ね塗りをし、皮脂(油分)の気になるTゾーンは塗るのを控えるなど、その日の肌の状態に合わせて使い方を工夫してみましょう。


たまにはスペシャルケアを行う!

すっぴん美人になるにはすっぴん美人になるには、たまにはスペシャルケアを取り入れてみましょう。

美顔器やスチーマーを持っていなくても、家にあるもので簡単に今日から実践できる『化粧水パック』のやり方をご紹介します!

化粧水パックには、『短時間で肌のうるおいを実感できる』『簡単に実践できる』というメリットがありますので、ぜひお試しください。


【化粧水パックやり方】

★用意するもの

・コットン(大きさにもよりますが、3~6枚ぐらい)

・水or精製水

・お持ちの化粧水


★手順

①コットンを水もしくは精製水で湿らせる。

②湿らせたコットンに、お好みの化粧水を含ませる。

③肌にのせて、しばらくパックする。

(化粧水が肌へなじみ、しっとりとうるおいを感じられるようになったらはずしましょう。)


たったこれだけです!化粧水パックのあとは、肌に残った化粧水をハンドプレスし、続いて美容液→乳液→クリームと普段のお手入れを行ってくださいね。

食生活から作るすっぴん美人

すっぴん美人になるには、内側からのケアもとても大切です。

身体に必要な栄養をバランスよく摂取できる理想の食事を紹介します。

すこやかな身体になれるだけではなく、すっぴん美人へと一歩近づくことができるでしょう。


すっぴん美人になるための代表的な食べ物

豆類(豆腐、味噌、納豆など)…タンパク質

ごま…セサミン

わかめ(昆布、海苔、ひじきなどの海藻類)…ミネラル

野菜(ほうれん草・トマト・キャベツ・セロリ・かぼちゃ・ピーマンなど)…食物繊維

魚(いわし、鮭など)…カルシウム

しいたけ(きのこ類全般)…食物繊維、ビタミン、ミネラル

いも類(じゃがいも・さつまいも・山芋など)…食物繊維、ビタミン、ミネラル


普段の食事に取り入れられていたでしょうか?

どれか不足しているものがあった方は、食材選びの参考にしてみてくださいね。

すっぴん美人が絶対にしないこと

メイクをしたまま寝ない
  • 20代「化粧をしたまま寝る。毛穴にファンデーションが詰まるから」
  • 30代「化粧したまま寝ること。すっぴんがキレイな人ってそもそも化粧してこないことも多い」

すっぴんがキレイということは、肌そのものがキレイということ。そんな女子は、メイクをしたまま寝ることはしなさそうです。すっぴんがキレイだと、メイクもナチュラルなイメージがありますよね。


暴飲暴食をしない
  • 30代「暴飲暴食。肌がキレイな人は、食生活もしっかりしている」
  • 20代「甘いものや油ものなど暴飲暴食をすること。お酒を飲みすぎること」

すっぴんがキレイな女子は、甘いものを食べすぎたりお酒を飲みすぎたりと、暴飲暴食はしなさそうですよね。食生活がきちんとしているからこそ、キレイな肌をキープできるんでしょうね。


夜更かしをしない
  • 20代「夜更かし。睡眠不足は肌に天敵だから」
  • 30代「夜更かし。夜更かししたら肌が汚くなると思うから」

暴飲暴食と同じく、すっぴんがキレイな女子は夜更かしも絶対にしない、と言えそうです。睡眠不足は肌トラブルの元なので、夜は早く寝て朝は早く起きる「早寝早起き」を実践しているのでは?


厚化粧はしない
  • 20代「派手なメイク。する必要がなし、いろいろ塗ると肌が荒れるから」
  • 30代「厚化粧。元がキレイだし、わざわざすることがないと思うから」

肌がキレイな場合はそもそも化粧で隠すことがないので、ファンデーションの厚塗りなどはしなさそうです。むしろキレイな肌を活かしたナチュラルメイクのほうが、より魅力的に見えそうですね。


油っこいものを食べない
  • 30代ジャンクフードなど、太るものを食べない」
  • 20代「肌が荒れるような油っぽい食品を取らない」

甘いものやお酒と同じく、ジャンクフードなどの油っこいものは、吹き出物の原因になることも。すっぴんがキレイな女子は食生活にも気を遣っているので、お肉よりも野菜中心の食事を摂っていそうですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

すっぴん美人になるには、毎日のスキンケアと食事がとても大切になってきます。


「あの人、すっぴんなのにキレイだね!」と言われるような女性に近づけるように、お手入れ方法と食事を今一度見直してみましょう。


毎日の行いの積み重ねがすっぴん美人への近道となります。


あなたにオススメの記事

【最新人気コスメ】知りたい!肌のきれいな芸能人の基礎化粧品!
【最新人気コスメ】知りたい!肌のきれいな芸能人の基礎化粧品!
あなたはどっち派?カラコン裸眼比較!
あなたはどっち派?カラコン裸眼比較!

このページを見た人はこんなページも見ています

春の紫外線は実は危ない!?この春あなたの肌を守るUVケアのポイント5選
春の紫外線は実は危ない!?この春あなたの肌を守るUVケアのポイント5選
春の紫外線は実は危ない!?この春あなたの肌を守るUVケアのポイント5選
最近ほうれい線が気になる…原因と対策法が知りたい!
最近ほうれい線が気になる…原因と対策法が知りたい!
最近ほうれい線が気になる…原因と対策法が知りたい!
頬のたるみを解消!表情筋トレーニング
頬のたるみを解消!表情筋トレーニング
【最新人気コスメ】知りたい!肌のきれいな芸能人の基礎化粧品!
【最新人気コスメ】知りたい!肌のきれいな芸能人の基礎化粧品!