すっぴん美人は皆やってた?!裏技ケアとは

すっぴん美人の特徴とは

すっぴん美人の特徴はなんといっても「透明感のある美肌」です。

すっぴんになると急に肌がくすんでしまったり肌荒れが目立つ人が多い中、メイクを落としてすっぴんになっても肌理(キメ)がこまかくて透明感のある肌は目を惹きます。

近寄っていって「本当になにもつけてないの?」と聞きたくなるくらいです。

また肌と同じくらい歯の白さもすっぴん美人には欠かせません。

肌が綺麗な程、歯の黄ばみは目立つ物です。

そして眉毛とまつ毛も大切です。

自分の眉毛とまつ毛がしっかり生えているだけでも顔立ちがはっきりしてすっぴんでも美人にみえます。

最近は自然なアートメイクもありますが、不自然なアートメイクやアートメイクのやりすぎはもはやすっぴんではありません。

確かにお化粧をしているときとのギャップはなくなり、すっぴんでも化粧をしているかのようになりますが、それイコールすっぴん美人ではないということです。

すっぴん美人というのはお化粧をとって少し薄くなったお顔でも、人間本来が持っている皮膚やパーツの美しさがみえることだと思っています。

人によっては他にも骨格だったり綺麗な髪の毛などすっぴん美人だと思う特徴があるかもしれませんが、上記の3つが揃っているだけでも目を惹くすっぴん美人になることができます。

そして上記の中でもすっぴん美人になるために1番重要なのは、やはり「透明感のある美肌」かと思います。

すっぴん美人になりたい!という方へ続いて透明美肌になるシンプルケアをご紹介したいと思います。

透明肌に欠かせないケア

保湿

透明感のある美肌というのはどのようなものでしょうか?

それは水分をたっぷり含んで潤いのある肌です。

高野豆腐で想像して欲しいのですが、戻す前の高野豆腐はカチカチに硬くて黄色っぽくくすんでいますが、水分を十分に含むと白くて弾力のあるぷるぷるの状態になります。

肌も水分をたっぷり含んでいると肌理(キメ)が整い透明感のある白さ、ぷるぷるとした弾力のある美肌になれます。

では水分をたっぷり含んでいる肌とはどういうことでしょうか?

それは肌の奥(角質層)が水分を正常に保持する働きがあり、肌の奥が水分で満たされている状態の肌ということです。

肌の表面が一時的に濡れて潤っている状態では保湿されていないということです。


紫外線対策

すっぴん美人になるためには化粧品でセラミドを増やすことも大切ですが、セラミドを減少させないことも大事です。

肌のなかで水分をキャッチしてくれる大事な役割のセラミドが減少する原因はいろいろとありますが、その中でもターンオーバーの乱れが大きく影響しています。

セラミドは夜寝ているあいだにお肌が生まれかわる過程(ターンオーバー)で生成されます。

ですのでターンオーバーが乱れているとセラミドの減少につながるというわけです。

ターンオーバーが乱れる原因には紫外線・ストレス・身体の冷えなどがありますが、特にお肌に様々な影響をあたえる紫外線には気をつけましょう。

日焼け止めクリームを塗るポイントはたっぷりの量・こまめな塗り直しです。


肌はこすらない

セラミドは洗顔やクレンジングでも溶け出して減少してしまいます。

肌をごしごしとこすったり、強い洗顔剤・クレンジングで洗うことでセラミドが落ちてしまいます。

肌は極力「こすりすぎない」「洗いすぎない」です。


よく「肌断食」をして肌質がきれいになったという話をききますが、これは本来もっているセラミドの減少をくいとめていることにつながっているというわけです。

また「なにもしていないけどすっぴんがキレイ」というのもこのセラミドが減少することをやっていないといえます。

肌を洗うとき、タオルで拭くときは極力やさしく扱うようにしましょう。


化粧水なら浴びる様に塗っている

化粧水が蒸発しないようにスキンケアの最後に油分でフタをしている

それなのに肌が乾燥する!という方はぜひセラミド化粧品を取り入れてみてはいかがでしょうか。


毛穴を綺麗にする

「ごっそりとれる!」なんて言葉が売りの毛穴パックってありますよね?

すっぴん美人になるには、絶対に使ってはいけないアイテムです。

確かに、小鼻の汚れや角栓が目に見える形でとれるので爽快な感じはありますが、毛穴が余計に開いてしまうのです。

開いた毛穴は汚れがたまりやすくなるので、あっという間に元通りになってしまいます。そしてまた毛穴パック・・・という悪循環にハマることに。

毛穴の汚れはクレンジングクリームでゆっくり溶かし出すのがスッピン美人の毛穴ケアです。即効性はありませんが、徐々に毛穴が閉じていくのが実感できるはず。

すっぴん美人になるには、小鼻はツルツルにしておかなければなりません。


帰ってきたらすぐメイクオフを

お化粧って実はものすごーく肌に負担がかかります。時間が経てば経つほど肌に塗ったファンデーションは酸化していきます。

「化粧を落とさずに夜寝るのは、使い古した雑巾を顔にかぶせて寝るのと同じ」と言われるくらいです。

お風呂に入るときにお化粧を落とすという女性も多いと思いますが、本当は家に帰ってきたらすぐに落とすのがすっぴん美人の法則です。

ただし、化粧を落とした肌は乾燥しやすいので、化粧水などでの保湿をしっかりとしましょう!

すっぴん美人になるには、帰ってきたら「うがい、手洗い、メイクオフ」を習慣にしましょう。

まつげやまゆげのお手入れですっぴん美人に

眉毛とまつ毛も大切です。

自分の眉毛とまつ毛がしっかり生えているだけでも顔立ちがはっきりしてすっぴんでも美人にみえます。

最近は自然なアートメイクもありますが、不自然なアートメイクやアートメイクのやりすぎはもはやすっぴんではありません。

確かにお化粧をしているときとのギャップはなくなり、すっぴんでも化粧をしているかのようになりますが、それイコールすっぴん美人ではないということです。

すっぴん美人というのはお化粧をとって少し薄くなったお顔でも、人間本来が持っている皮膚やパーツの美しさがみえることだと思っています。

人によっては他にも骨格だったり綺麗な髪の毛などすっぴん美人だと思う特徴があるかもしれませんが、上記の3つが揃っているだけでも目を惹くすっぴん美人になることができます。

食事バランスにも気をつけて

すっぴん美人になるには、化粧水などの外側からのケアももちろん重要ですが、肌を含めた人間の体をつくるのは食べ物であることを忘れてはいけません。


肌を丈夫にしてうるおいを保つ「βカロテン」

3大栄養素の一つ目は「βカロテン」。体の中で「ビタミンA」として働き、皮膚や粘膜を強くして、肌荒れやエイジングを予防する効果があります。

以下の食べ物に、βカロテンが多く含まれます。緑黄色野菜に多く含まれます。(100gあたり600μg以上のβカロテンを含む野菜を緑黄色野菜といいます。)

鶏レバー

うなぎ

モロヘイヤ

ニンジン

かぼちゃ

春菊

ほうれん草

かぼちゃ


βカロテン は「とりだめ」できます。平日に外食が多かった場合などは休日にたっぷりβカロテン を取ってください。また、油を加えたり加熱した方が βカロテン の吸収が良いので炒めて食べるのがオススメ。

肌の材料となる「タンパク質」

2つめの3大栄養素は「タンパク質」。肌や体をつくる材料になるおおもとの栄養素です。タンパク質が不足すると、肌の不調や疲れ、体力の衰えなどさまざまな弊害が起きるリスクがあります。そんな状態でビタミンばかり取っても期待する効果は得られません。


肌のハリを作るコラーゲンの元になるのもタンパク質なので、肉か魚のどちらかを取りましょう。

以下の食べ物に、タンパク質が多く含まれます。

乳製品(牛乳など)

摂取量の目安


肉か魚を1日100g、もしくは、肉か魚50gとプラスで卵1個と牛乳1杯程度(さんま1尾、鶏むね肉1/2枚が約100g)


保湿、美白、アンチエイジングに良い「ビタミンC」

「ビタミンC」。メラニン色素が作られるのを防ぎ、シミを予防したり、美白に効果的。

また、アミノ酸からコラーゲンが生成されるのを助け、肌のハリを保ちます。さらに、アンチエイジングが気になる方にもおすすめです。

以下の食べ物に、ビタミンC が多く含まれます。

赤パプリカ

黄パプリカ

菜の花

ブロッコリー

かぶの葉

カリフラワー

ゴーヤ

ピーマン

とうみょう

キウイ

ビタミンCは必要以上に体内に入ると、尿として出てしまうので「とりだめ」できません。また、ビタミンCは熱に弱い性質をもちます。しかし、生で摂るよりも加熱した方が適正量を摂取できるうえ、体も冷やしません。短時間の加熱にするなどして、毎日とる習慣をつけましょう。

美肌に必要な基本の栄養素と食べ物は把握できましたか?


ビタミンC、ビタミンB2、B6、亜鉛、鉄分など肌にいい栄養素が含まれる食品を意識してとるようにしましょう。

反対に、糖分や脂肪分、カフェインなど肌トラブルの回復を遅らせるものは控えるようにする必要があります。

毎日の食事でバランスよく接種するのがベストですが、どうしても不足してしまう栄養素があるなら、サプリなどで補うようにしましょう。

あなたにオススメの記事

【最新人気コスメ】知りたい!肌のきれいな芸能人の基礎化粧品!
【最新人気コスメ】知りたい!肌のきれいな芸能人の基礎化粧品!
あなたはどっち派?カラコン裸眼比較!
あなたはどっち派?カラコン裸眼比較!

このページを見た人はこんなページも見ています

年齢肌の新常識!?触らずに肌がピンと引き締まる【オールインワンジェル】が凄い!
年齢肌の新常識!?触らずに肌がピンと引き締まる【オールインワンジェル】が凄い!
保湿しているのに潤わない!超乾燥肌をスキンケアで改善
保湿しているのに潤わない!超乾燥肌をスキンケアで改善
春の紫外線は実は危ない!?この春あなたの肌を守るUVケアのポイント5選
春の紫外線は実は危ない!?この春あなたの肌を守るUVケアのポイント5選
春の紫外線は実は危ない!?この春あなたの肌を守るUVケアのポイント5選
頬のたるみを解消!表情筋トレーニング
頬のたるみを解消!表情筋トレーニング