効果抜群!正しい知識で筋トレで脚やせ!

筋トレで脚が太くなる原因

一般的な筋トレの場合、脚の筋肉が鍛えられている場所は、

大腿四頭筋と呼ばれる筋肉が筋トレによって鍛えられています。


この筋肉は太ももの外側の筋肉の部分にある筋肉でスクワットや

走り込みなどの筋トレをすることで鍛えられる場所なのですが、

ここを鍛えると脚が太く短くなるようになり、見えてしまいます。


筋トレにもコツがあり、脚が細くなるトレーニングをきちんと行う事により美しい脚が作れます。

どんなトレーニングが有効的なのかを以下より見ていきましょう。

筋トレには役割がある

ダイエットを目的にする場合に鍛えるべき筋肉は赤筋と呼ばれる筋肉を鍛えなければなりません。


筋肉には大きく分けて赤(遅)筋と白(速)筋に分けられます。

この赤筋は有酸素運動に使うための筋肉。

白筋は無酸素運動(筋トレ)に使う筋肉です。


筋肉をしっかりつけ、余計な脂肪を落とした体を手に入れたい…そんな目標を持ってトレーニングされている方も多いのではないでしょうか。

筋肉量は落とさず脂肪量を落としたいときは「筋トレ→有酸素運動」の順番がおすすめです。筋トレで筋肉をつけると、基礎代謝が高まり、運動していないときにも脂肪分解を高める効果が期待できます。

このとき、有酸素運動を組み合わせることによって、脂肪燃焼効率の促進につながります。


有酸素運動を行うタイミング

筋トレを行うと成長ホルモンが分泌されます。子供のうちは背を伸ばすために必要なホルモンといわれますが、成人の場合筋肉や骨、皮膚を強くする作用があります。

この成長ホルモンが大量に分泌されることで血糖値が上がり、体脂肪が分解されて血中に放出された遊離脂肪酸を燃焼します。つまり、成長ホルモンが十分に分泌された状態で有酸素運動を行うことは、脂肪燃焼を狙うときにとても効果的なタイミングといえます。

有酸素運動のあとに筋トレをしたとき

それでは有酸素運動を先にしてしまうとどうなるでしょうか?筋温を上げ、ウォーミングアップの要素で行う軽めの有酸素運動であれば影響はありませんが、息が上がるほどの長時間の有酸素運動はおすすめできません。

なぜなら、瞬発的なトレーニングに対応できる筋肉のエネルギーが不足している状態では、適切な負荷がかけられなくなる可能性があるからです。十分な負荷がない状態での筋トレは筋肉への刺激も少なくなるため、筋肉をつける目的にもいい影響を与えるものではありません。

筋トレ方法

それでは筋トレ方法を紹介していきます。


脚のダイエットではウォーキングの筋トレを!

太もも引き締めトレーニング

ランニングにもコツがあった!

まとめ

脚の筋トレをする時に、どうしても脚が太くなることを気にするあまり脚痩せをうまく結果を出す事ができないことも多くあります。

ですが、脚痩せには太くなる筋肉と細くなる筋肉がある事を知っていれば今まで気になっていた脚の太さも筋トレをすることで痩せて細くすることができます。

脚ダイエットで細くするのであれば有酸素運動を取り入れ太くなった脂肪を燃焼させる。

そして、赤筋と呼ばれる筋肉を鍛えることと、赤筋の割合をダイエットで増やしていけば、きれいな脚を手に入れることができるでしょう!!

あなたにオススメの記事

【最新人気コスメ】知りたい!肌のきれいな芸能人の基礎化粧品!
【最新人気コスメ】知りたい!肌のきれいな芸能人の基礎化粧品!
あなたはどっち派?カラコン裸眼比較!
あなたはどっち派?カラコン裸眼比較!

このページを見た人はこんなページも見ています

ぽっこりお腹とさようなら!短時間でできるエクササイズ
ぽっこりお腹とさようなら!短時間でできるエクササイズ
実はオススメ?間食ダイエットとは
実はオススメ?間食ダイエットとは
ダイエット時の空腹を我慢する方法5選
ダイエット時の空腹を我慢する方法5選
ダイエット時の空腹を我慢する方法5選
綺麗な脚になりたい!効果的な脚やせ対策とは
綺麗な脚になりたい!効果的な脚やせ対策とは